インテリア・家具・収納

生活百科

目次

関連項目

リンク


暖房器具

   HOME  
2013年11月8日

セラミックファンヒーター

セラミックファンヒーターは電気をエネルギーとして使用した暖房器具です。いわゆる「非燃焼系」と言われるタイプで、安全性は非常に高いです。使用しているセラミックには特殊加工を施しています。そうしてアルミに電圧をかけてから、そこに風を通すことで、特殊加工されたセラミックが発熱して温風を出す、という仕組みになっています。コタツやホットカーペットなどは、スイッチをオンにしてから暖かいと感じるまでにしばらく時間がかかりますよね。その点、セラミックファンヒーターは大変に優れていまして、スイッチをオンにしますと、ほとんどすぐに温風が出てきてくれます。多くの暖房器具は、温まるまでに少々時間がかかってしまいます。セラミックファンヒーターがあれば、すぐに温風が出てきてくれます。セラミックファンヒーターの温風は、火傷しそうなほどの熱い温風ではありませんから、かなり側に寄っても危ないことはありません。これは、寒い時期、外から帰ってきたときには本当に嬉しいですね。こうして、先にセラミックファンヒーターの温風で身体を温めながら、他の暖房器具が作動し始め、お部屋を充分に暖めてくれるのを待っていれば良いでしょう。
暖房器具にセラミックファンヒーターを使用するメリットとして、安全性のほかに、もうひとつとても歓迎されるメリットがあります。空気を汚すことがないので、お部屋がいつもクリーンであるということです。近年の住宅は、非常に気密性が高く作られていますね。そのため、石油ストーブなどを長時間、使用していますとお部屋の空気がとても汚れます。北国で使用されている、煙突付きの石油ストーブや排管付きの石油ファンヒーターは煙突や排管から燃焼後の汚れた空気を外に排出してしまうので問題はないのですが、煙突も排管もないいわゆる一般的な石油ストーブは、一時間に一回は換気しないといけない、などと注意書きされていますよね。ガスストーブや、ガスファンヒーターも同様です。
セラミックファンヒーターのパワーは、寒い地方でお部屋ひとつを全体的に暖めるほど強いものではありません。北国では、エアコン全開であってもパワーが足りないほどの寒い日々が続きますから、セラミックファンヒーターは、そのような場合には適さないのですね。セラミックファンヒーターは、もともとお部屋全体を暖める暖房器具として作られたわけではありませんから、エアコンほどのパワーもないのです。それほど気温が低くならない地方で、狭いお部屋を、ほんわりと暖かくする程度でしたらとても得意なことなのですが、基本的には足元など身体の一部分を温めたり、また、冷え切った身体をすぐに温めたり出来るように、スイッチを入れたらすぐに温風が出てくるよう作られた商品なのです。だいたい、1000Wから1300Wくらいのパワーのセラミックファンヒーターで、三畳から八畳程度のお部屋用ということがよく書かれています。目安として、八畳くらいのお部屋までなら、なんとか暖かさを感じられるくらいは暖まります、ということです。この広さを超えてしまいますと、もうほとんど温風の効果は保証できないということになります。このため、セラミックファンヒーターは小型のものが多いです。そして、そばに寄っても危険性が少ないですから、それほど広いスペースを必要としません。そのため、子供部屋などの比較的狭いお部屋に置いたとしても圧迫感もありませんし、危険もありません。エアコンや石油・ガスのファンヒーターを使用するほどではないけれども、少し肌寒いかな、というような場合にとても重宝する暖房器具です。エアコンと輻射熱を利用したセラミックヒーターを比較してみましょう。ここで重要なのは体感温度です。空気を暖めるだけのエアコンよりも本体が暖かくなるセラミックヒーターの方が体感温度は高くなります。それは遠赤外線が体に当たり、温かく感じるからです。セラミックヒーターの場合は近くにいないと暖かさを感じないと言うデメリットがあります。セラミックヒーターは空気を暖めるのではなく壁や体を直接暖める部分的な暖房器具です。また、セラミックヒーターの特徴はスイッチを切った後もしばらく暖かい状態が続くことです。余熱でも十分な暖房効果があります。
セラミックファンヒーターには、比較的パワーが強い大きいサイズのものもありますが、パワーが穏やかな小さなサイズのものもあります。この小さなサイズのものは、足元を温めたり、手先を温めたりするのにちょうど良いのです。だいたい人間の身体というのは、足が冷えている時に、より寒く感じるという実験結果もありますから、足元を温めてあげるだけで、寒さがかなり和らぐように感じるものなのです。ですから、真冬は関東でもエアコンだけでは寒いと言うかたが多いですが、そのような場合にも、足元をセラミックファンヒーターで温めてあげることで、体感温度がグンとアップするはずです。また、キッチンが独立していて、そこに暖房が無いというお宅も多いでしょうね。キッチンでは火を使用しますから暖かいはずなのですが、やはり足元が冷えていますと、いくら火を使用しても、寒く感じるものです。そのような場合にも、ぜひ、セラミックファンヒーターを足元に置いて使用してみてください。セラミックファンヒーターでありながらも、パネルヒーターのようなパネル型の形状をしたものがあります。これを一般的に「パネル型セラミックファンヒーター」と呼んでいます。一見いたしますと、本当にパネルヒーターかと思ってしまうのですが、よく見てみますと、下のほうに温風の吹き出し口があり、そこから温風が出てくるということがわかります。下のほうから床面を這うようにして温風が吹き出されてくるため、足元が重点的に温められます。また、パネル型ですから、とても薄型で場所も取りません。
セラミックファンヒーターは、電気を使用する安全でクリーンな暖房器具ではありますが、電気代はかかります。一般的なセラミックファンヒーターでは、だいたい1200Wと600Wの切り替えが出来るようになっているものが多いようです。いつも1200Wで運転している場合と、いつも600Wで運転している場合とでは、電気代に倍の差がつくことになります。足元だけなど、身体の一部分だけ温めたい場合には600Wにするといったように、用途によって電力を切り替えて使用する暖房器具です。
セラミックファンヒーターは、暖房という用途だけでなく、その他にもさまざまな機能が付けられています。たとえば、加湿器ですね。暖房器具は冬に使用することがほとんどですが、セラミックファンヒーターの場合ですと、ちょっと肌寒く感じる秋から、暖かくなってきてはいるものの、やはりまだちょっと肌寒い春先までずっと長期にわたって使用することが出来ます。そうして、冬を挟んだその時期と申しますと、非常に乾燥している時期ですね。乾燥しすぎていますと、お肌もカサカサになってしまいますし、喉を痛めて風邪をひきやすくなったりもします。目もドライアイになりやすいですしね。そのため、わざわざ加湿器を購入して、暖房器具とともに使用しているかたもいらっしゃいますが、セラミックファンヒーターにはもともと加湿機能が付いているものも少なくありません。それでいて、価格的にはそれほど高価なわけではありませんので、加湿機能が付いたセラミックファンヒーターを購入しておきますと何かと便利に使えますね。また、加湿機能ではなく、空気清浄器が付加されたセラミックファンヒーターもあります。セラミックファンヒーター自体はお部屋の空気を汚すなどということはございませんが、その他の要因でお部屋の空気というのは、思いのほか汚れています。ですから、空気清浄器を単品で購入するのであれば、いっそのこと、セラミックファンヒーターに空気清浄機能が付いたものを購入したほうが使い道が広がって良いのではないかと思います。Pieriaの加湿セラミックヒーター・DCH-1203H-RDは、ハイパワーで部屋を暖めると同時に、しっかり加湿し暖房時独特の空気の乾燥を防ぎます。背面の主電源スイッチをOFFにすれば、子供さんが運転スイッチを押しても作動しません。このように安全面も考えられています。また、エコスイッチが搭載されており、待機電力がゼロとなります。
セラミックファンヒーターの価格について、性能と見た目と価格を比べてみたときに、多くの人はとても安いと思うそうです。パワーが強いものや弱いもの、そして空気清浄機能や加湿機能などがついているもの、いないもの等々、さまざまな種類がありますが、安いものでは、3,000円前後から販売されています。もちろん、これは最低価格のものではありますが、その他に5,000〜6,000円前後の価格のものも意外と多いです。だいたい10.000円以下のものですと、セラミックファンヒーター本来の機能、つまり温風を出して暖めるという機能のみとなります。10,000円を超えますと、加湿機能や空気清浄機能も付加されたものを購入することができます。よく探してみますと、たまに10,000円以下であっても加湿機能が付いたものも販売されています。

生活百科