インテリア・家具・収納

生活百科

目次

関連項目

リンク


暖房器具

   HOME  
2013年11月8日

ストーブとファンヒーター

石油ストーブ、石炭ストーブ、電気ストーブなどは、ストーブの上にやかんをかけていれば、お湯も沸きますから便利です。また、その湯気が、加湿機の役割も果たしてくれます。おでんなどの煮込み料理を置くことも出来、もちも焼けます。部屋も暖まるし、料理も同時にできるので経済的かと思います。
石油ストーブは、電気も要らず、灯油の給油だけで可能な暖房器具です。石油ストーブにも、不自由さを感じる時があります。例えば、定期的にしなければならない灯油の補充は面倒ですよね。また、換気も必要です。石油ファンヒーターなどのように自動温度調整機能はない為、自分で管理しなければなりません。また、本体が転倒してしまった、子供が誤って触ってしまったなど、ヤケドに注意する必要があります。しかし、石油ストーブは、つくりがシンプルなので、壊れにくいと言われています。長年使いたい人にはおすすめです。
石油ファンヒーターは、温度の設定が可能です。タイマー運転機能も付いているので、冬、寒さがつらい起床の時もタイマー機能で部屋を暖めておくこともできます。ファンで温風を吹き出すことによって、室内の空気が循環し、空気の温度のムラが生じる事はありません。そのような面からも、石油ファンヒーターは使い勝手がいいので、おすすめです。ただ、換気の必要があります。また、石油ストーブ同様、定期的な灯油の補充が面倒という点もあります。
暖房器具の中で、お部屋全体を暖めるのにもっとも適しているのが石油を使用した暖房器具だと思っていれば間違いないでしょう。ガスファンヒーターも、お部屋全体を暖めるのに適していますが、リビングダイニングのように、とても広いお部屋の場合になりますと、やはり石油には敵いません。セラミックファンヒーターと比べても、部屋全体を暖めるという点では石油ファンヒーターには歴然の差があります。
石油ファンヒーターと同じタイプで、すぐに暖まることで人気の高い暖房器具がガスファンヒーターです。メリットとしては、石油ファンヒーターのように灯油を買う手間がかかりません。デメリットとしては、比較的、ガスの臭いがすると言う点でしょうか。そして、最大のデメリットはガス栓が必要なので、家のどこでも気軽に設置できるわけではないことです。さらに、当然ながら酸素を燃焼させるため、定期的に換気をしなければなりません。暖房費を比べると、灯油を使うファンヒーターより、安く上がりますし、電気を使う暖房器具の電気代と比較しても、ランニングコストは安いです。ですから、ガス栓さえあれば、部屋を暖める効率もよく、暖房費も安く済む、魅力的な暖房器具と言えるでしょう。
部屋全体の暖房や冷房効果を高めるアイテムとして注目されているのがサーキューレーターです。すでに設置している暖房器具を取り換えることは簡単ではありませんが、サーキューレーターの設置は可能です。電気代を節約したいと考えているならば購入を検討してもよいでしょう。
サーキューレーターは扇風機とは違います。ファンを回して空気を動かすこと自体は同じです。しかし、サーキューレーターが起こす風は強力で、直接顔に当てると寒く感じてしまいます。サーキューレーターの役割は風を起こすことではなく、空気を撹拌させることです。天井部分に貯まった暖かい空気を下の方に撹拌することで体感温度を上げようと言うものです。暖房器具の性能を補完して、電気代は節約できることになるのです。
サーキューレーターが起こす風は直線的な空気の流れです。部屋の天井部分に手を伸ばして、温かいと感じるならサーキューレーターの効果が期待できます。サーキューレーターの良いところは夏でも冬でも活用できることです。価格的には扇風機と同じ程度です。

生活百科