インテリア・家具・収納

生活百科

目次

関連項目

リンク


暖房器具

   HOME  
2013年11月8日

床暖房

最近は、家を建てる際、床暖房を採用する方が増えてきています。はじめから床暖房にしておけば、あらたに暖房器具を買う必要もありませんよね。床暖房は、床からの伝導熱で、足もとをしっかり暖めてくれます。しかも、頭は涼しいまま。これは、「頭寒足熱」と呼ばれる人の体にとって、一番健康的で快適と感じると言われている状態です。健康面からも、床暖房はおすすめの暖房器具なのです。
エアコンなどの暖房器具は、部屋全体がすばやく暖まるのですが、暖かい空気が上に行き、足もとはいつまでたっても暖まらない傾向があります。部屋のなかで、温度にムラができてしまう訳です。これには、サーキュレーターなどでお部屋の空気をかき混ぜ、均一にする方法がいいとされています。しかし、部屋を暖めるのに、エアコンだけでなく、サーキュレーターを買う必要がありますし、その電気代も気になります。それなら、はじめから、床暖房を設計した家を建てるほうが、いいのかもしれませんね。床暖房は、自然な空気の対流でお部屋の暖かさを均一に保ってくれる点がいいですね。ひだまりのなかにいるような自然な暖かさが魅力です。
暖房器具特有の暖まりすぎて、頭がぼんやりする感じ、火照るような感じ、空気の乾燥、ニオイが苦手な人は案外多いです。自然な暖かさを望む方には、床暖房はおすすめの暖房器具です。
床暖房を取り付ける費用は暖房器具を購入することより、ずっと大変ですが、取り付けた後は、ガス代などのランニングコストだけを気にすればよいのです。床暖房は、点けっぱなしにしておくか、こまめに入り切りするかで電気代が違ってきます。
ガス温水床暖房の場合、水をお湯にして、その熱で床一面から熱を放出する仕組みです。普段、私たちがお湯を沸かすと言えば、やかんでお湯を沸かしたり、お風呂を沸かしたりしますので、その度に当然、電気代やガス代がかかっているわけです。温水式の床下暖房は、床の下にお湯が通っているわけなので、そのお湯を沸かすガス代や電気代は、結構、かかってしまうようなイメージもありますよね。実際はどれくらいのガス代を使っているのかと言うと、1日8時間、使ったことを想定して1日あたり、ガス温水床暖房にかかるランニングコストは、100円以下だと言われています。そうなれば、1ヵ月で3000円程度ですから、他の暖房器具より光熱費は安いですよね。一方、電気式の床暖房の場合は、1日あたり200円程度なので、倍近く違うことになります。
初期投資ですが、最近は床を剥がすなどの工事をせずに、現在ある床の上に床暖房を設置するという、比較的、簡単で安いリフォーム代で床暖房を導入できるようになりました。床の上に、温水マットを敷いて、その上から、床材を重ねるだけで出来上がりです。竣工日数もかからず、6畳のお部屋でしたら30万くらいで出来るようです。ガスの温水式床暖房は、電気式よりも、本体そのものの値段が高いと思います。さらに、電気式はメンテが不要ですが、ガスの場合、定期的なメンテナンスも必要です。これは、いくらぐらいのメンテナンス費用がかかるのか、きちんと説明を受けておいたほうが良いですね。日々の暖房費用としての光熱費以外にも、このような出費がありそうですから、そうした点検にかかる費用や、どれくらいの期間で部品交換が必要となるのか、導入前に確認しておくことですね。
床暖房設備の中で光熱費を節約できると注目されているのがヒートポンプ温水式床暖房です。床下を暖めるタイプの暖房ですから、部屋全体を暖めることができます。もちろん、設置のための工事を行いますから、初期投資が必要となります。それでも一度取り付けてしまえば、その後の光熱費を節約できるのです。エアコンなどと比較するとコストを抑えられると言うわけです。オール電化の家屋で採用される例が多くなりました。
ヒートポンプ温水式床暖房では、屋外に設置したユニットで温水を作ります。そのお湯を床に設置したパイプを通して床下を暖めるのです。人が部屋の中で過ごす時、床に体が接していることが多いですから、床暖房は魅力的です。外国と違い日本では床に炬燵を置いたり、寝転がったりする人は多いからです。お湯を循環させる仕組みは熱効率が高いところに注目したシステムです。ヒートポンプを使った床暖房システムにはいくつかの種類があります。お風呂の給湯を併用するタイプやエアコンを併用するタイプです。床暖房のための温水と給湯の温水を兼用することで、室外ユニットは一つで済みます。しかし、二つのシステムを合わせた形となりますから、全体としては複雑なシステムです。設置面積や家族構成によって、どのシステムを選ぶかを決めなければなりません。エアコン併用の場合、エアコンは電気で送風のみを行います。空気を暖めるのは温水です。いずれのシステムでも、ランニングコストは低く抑えることができますが、初期投資が無視できません。

生活百科