インテリア・家具・収納

生活百科

目次

関連項目

リンク


暖房器具

   HOME  
2013年11月8日

赤外線パネルヒーター

ファンヒーターやエアコンで暖房をしている時、お部屋の下の空気と上の空気の温度差が気になったことはありませんか?これは、お部屋の温度にムラができている為に、このような温度差を感じてしまうのです。暖かい空気はお部屋の上にたまる性質がありますから、仕方ないのですが、人のいるのはお部屋の下のほうで、上のほうばかりが暖まっても仕方ありません。このような温度のムラが気になっていたという方に、是非おすすめしたいのが、遠赤外線暖房器具、サンルミエです。こちらの商品は、たいへん人気で楽天ランキングのパネルヒーター部門で1位の人気を誇る商品です。温度ムラの解消の他にどのような特徴があるのかというと、なんと言っても省エネでしょう。1日8時間使いっぱなしでも、電気代は88円という驚異のエコ暖房器具なのです。また、弱での運転時は、約67円なので、電気代を気にせずに暖房を使えます。暖房器具を使う時は、どうしても電気代の事が気になるものです。これくらいの料金で済むのなら、電気代を気にせず、好きな時につけることができますね。
このパネルヒーターは、遠赤外線で太陽のぬくもりと同じ輻射熱でお部屋を暖めます。エアコンのように温風が出る事もなく、運転時も静かです。太陽のぬくもりと同じ輻射熱で体を暖めることができるので、体への負担も少ない暖房器具だと言われています。また、風が出ないのでお部屋の空気も汚さず、短時間での換気の心配もありません。このような事から、健康的な暖房器具と言えます。健康面で言うと、暖房に頼りすぎた生活は、人間が、もともと持っている免疫力を低下させると言われています。特に、これから体をつくっていく子供にとっては、暖房の影響が少なからずあると言えるでしょう。その影響は、大人よりも大きいでしょう。寒い冬は、本来ならたくさん服を着こみます。暖かい空気の層をつくって、外気の寒さから身を守ります。しかし、最近は、薄着でいれるくらい、暖房の設定温度を高くした部屋で生活する人も多いのではないでしょうか?確かに、このほうが着ぶくれせず、楽なのですが、このような生活をずっと続けていては、体が、冬なのか、夏なのかわからなくなってしまいます。やはり冬は冬。夏は夏。体もその季節を体感したほうがいいのです。これを体が感知してくれなければ、風邪などかかりやすくなったりと、上手く対応する事もできない体になってしまいます。最近は、様々な暖房器具が出ていますが、かえってあまり快適にしすぎない方が良くて、そのほうが育ち盛りの子供も体が強くなります。出来るだけ自然に近い形がベストで、補助的に暖房器具を使うやり方がおすすめです。遠赤外線パネルヒーターは、自然なやんわりとした暖かさが特徴の暖房器具です。
TOYOTOMIの遠赤外線電気パネルヒーターは省エネセンサー機能もついているので、電気代をさらに節約したいという方におすすめです。全開にすればワイドパネルで広い範囲を暖める事ができ、6畳のお部屋を十分暖める事ができます。2人程度なら、十分暖かさを実感できます。半開にすると左右の遠赤外線が交わり、暖かさもUPしますから、ある場所をスポット的に集中して暖めるのに便利です。閉じた状態だと、自然対流でお部屋全体を暖めるのに向いています。このように、お部屋全体を暖めたい、ある一定の場所を暖めたいなど、暖めたい箇所によって、細かい設定が可能で、使い分けができるのも人気のポイントです。また、アルミ取っ手で持ち運びがしやすいので、お家のなかのどこでも使うことができます。電源を入れるとすぐに温まり始めますし、エアコンのように暖房時の音も殆どしませんから、寝室でも眠りの邪魔にはなりません。この遠赤外線電気パネルヒーターは、オンオフタイマーが付いているので、冬場の一番冷える明け方にオンタイマーをかけておけば、朝に部屋を暖めておくことができます。冷え症の人にもおすすめです。

生活百科